長さや本数がアップ | 多くの人がおすすめする40代のための基礎化粧品を試してみよう

多くの人がおすすめする40代のための基礎化粧品を試してみよう

フェイス

長さや本数がアップ

まぶたの色素細胞を活性化

ウーマン

まつげは、マスカラやエクステによって、長く見せることができます。しかしまつげ育毛剤を使用すれば、長く見せるのではなく、まつげそのものを実際に長くすることが可能となります。というのも、まつげ育毛剤には、房水の流れを良くするビマトプロストが配合されているからです。房水とは、角膜などに栄養分を与えるために眼球内を流れている液体です。ビマトプロストをまぶたに与えると、房水がよりしっかりと流れるようになることから、そこに含まれている栄養分がまぶたに多く吸収されます。すると、その栄養分によってまぶたの色素細胞が活性化し、その分まつげが成長しやすくなるわけです。長さだけでなく本数も増えていくので、使用を続けることで、まつげのボリュームがどんどんアップしていくことになります。

もとは緑内障の治療薬

洗顔後のまぶたに薄く塗るだけで、まつげをボリュームアップさせることができるため、まつげ育毛剤は手軽さから人気があります。しかし使用は手軽ですが、入手には一手間をかけることが必要となります。なぜならビマトプロストは、本来は緑内障の治療薬として使われている医薬成分だからです。緑内障とは、眼球内に房水がたまりすぎることで視神経が圧迫される病気です。そのため治療には、ビマトプロストで房水の流れを促すことが効果的なのです。しかし医薬成分ということは、コスメショップでは市販されていないということです。そのためまつげ育毛剤は、海外の製造元から個人輸入する必要があります。また、昨今では一部の美容外科で購入することも可能となってきています。